サンプル&ホールド:モジュラーまんが「もじゅたん」第6話

クリックで拡大

まんが:おおすが ともこ

「Sample & Hold」は、入力されたクロックのタイミングで、もう一方のソースの値を一定時間(次のクロック入力があるまで)保持するモジュールです。ソースにノイズを使用した場合はランダムな値のCVが出力されるので、VCOのピッチをモジュレーションし「パペポピプパ…」といった、宇宙語や怪しい研究室を思わせるサウンドを作るのによく使われます。スティーヴン・スピルバーグ監督の映画「未知との遭遇」では、ARP2500、YAMAHA SY-1といったシンセが、宇宙人との交信に使われています。もじゅたん、通じてないんじゃなくて、宇宙語でとってもハレンチな事でも言っちゃったのかも。可笑しいね!(解説:大須賀淳

こちらの記事もいかがですか?