もじゅたんの悲しみ

クリックで拡大

まんが:おおすが ともこ

現在のモジュラーは、Doepfer社が提唱した「ユーロラック」という規格のサイズで作られているものが大半です。ユーロラックは縦が一般的な19インチラック3U分の高さとなっており、ミニジャック接続を原則とした比較的コンパクトで効率の良いシステム構築が可能です(もじゅたんのおなかケースもユーロラック仕様です)。一方、往年のMoog Modularなどはかなり大きめのサイズとなっており、「Synthesizers.com」などMoog Modular互換サイズのモジュールを作っているメーカーもあります。もじゅたん、ご飯をいっぱい食べてもっと大きくなったら、そのモジュール入るかもね。でも何食べるんだろ?可笑しいね!(解説:大須賀淳

こちらの記事もいかがですか?